医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2021/12/31

 医療機関にかかる時、情報を入手する人がどの程度いるか、ご存じですか。ここでは、2021年9月に発表された調査結果(※)などから、情報を入手する人の割合やその入手先に関するデータをご紹介します。

 上記調査結果によると、ふだん医療機関にかかる時に情報を入手している外来患者は、全体の80.0%でした。前回(2017年)の調査結果では77.7%だったことから、2.3ポイント増加しています。一方、情報を入手していない人は17.2%で、前回と同じ割合になりました。

 次に情報を入手している外来患者における、情報の入手先に関する回答をまとめると下表のとおりです。

 2020年の結果では、家族・知人・友人の口コミが71.1%で最も高くなりました。次いで、医療機関が発信するインターネットの情報が23.5%でした。そのほか医療機関の相談窓口が15.6%、医療機関・行政機関以外が発信するインターネットの情報(SNS、電子掲示板、ブログの情報を含む)が14.0%となっています。

 2017年の回答との増減をみると、医療機関が発信するインターネットの情報と医療機関・行政機関以外が発信するインターネットの情報(SNS、電子掲示板、ブログの情報を含む)が2ポイント以上の増加となりました。

 このように外来患者の情報の入手先として、口コミが70%を占めている現状、診療時の患者への応対の良し悪しが自院の評判につながります。そのため、接遇などにも十分気を配ることが欠かせません。

 口コミ以外では、医療機関が発信するインターネットの情報を入手する割合が最も高くなっていることから、自院のホームページなどでの情報発信も大切です。ただし、医療機関がホームページなどのウェブサイトで行う広告(いわゆるWEB広告)は規制の対象となっていることから、内容には注意が必要です。

(※)厚生労働省「令和2(2020)年受療行動調査(概数)の概況
 全国の一般病院を利用する患者(外来・入院)を対象に、層化無作為抽出した一般病院を利用する患者に実施した調査です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
篠原利浩税理士事務所
〒890-0064
鹿児島市鴨池新町14-1-3F
TEL:099-254-8685
FAX:099-254-8804
メールでのお問合せ
サポート
サポートでリモート接続(TeamViewer)
ダウンロード